雑学・知識教養

バイキング・ビュッフェ・食べ放題の違いって何?

バイキング・ビュッフェ・食べ放題

バイキングやビュッフェといえば、食べ放題のイメージですよね。

しかし、ビュッフェは必ずしも食べ放題ではなく、バイキングは日本でしか通じない言葉だということをご存じでしょうか。

この記事では、知っておくと恥をかかなくて済む「バイキング」「ビュッフェ」「食べ放題」の違いについて調べました。

バイキングとは?

「バイキング」は、1950年代後半に日本で生まれた言葉です。

当時の帝国ホテルの社長が、北欧で経験した食べ放題サービス「スモーガスボード」を日本に持ち込んだことが始まりとされています。

社内でサービス名を公募したところ、「北欧」「豪快に食べる」といったイメージから「バイキング」という言葉があがり、「インペリアル・バイキング」と名付けられたそうです。

その後、多くの飲食店が食べ放題サービスを導入し、いつの間にか「バイキング=食べ放題」という意味で使われるようになったようです。

ビュッフェとは?

「ビュッフェ」は、フランス語の「buffet」が語源です。

立食形式の食事や列車・劇場内の簡易食堂を指す言葉ですが、そこからセルフサービス形式の食事の意味も持つようになりました。

日本では、食べ放題のビュッフェサービスもありますが、海外では皿に取り分けた分だけ支払うのが原則です。

イメージとしては、セルフ形式の学生食堂や社員食堂が近いかもしれません。

食べ放題とは?

「食べ放題」とは、一定の料金を払うと、好きな料理を好きなだけ食べることができるサービスのことです。

多くの場合、制限時間が設けられており、時間内であればどれだけ食べても構いません。

食べ放題は、セルフ形式ではなくオーダー形式を採用している店舗も多くあります。

オーダー形式の場合、ついうっかり対象外の食べ物を頼んでしまうと追加料金がかかるので、注意しましょう。

バイキング・ビュッフェ・食べ放題の違い

「バイキング」と「食べ放題」は、ほぼ同じ意味で使われます。

定額で、好きな料理を好きなだけ食べることができるサービスです。

サービスの提供は、セルフ形式・オーダー形式両方が存在します。

「ビュッフェ」も、好きなものを好きなだけ皿に取り分けることができますが、必ずしも食べ放題ではありません。

海外では、さらに取り分けた分全額を支払うのが原則です。

そして、ビュッフェは、基本的にセルフサービスです。

まとめ

まとめ
  • バイキングは、和製英語。食べ放題とほぼ同じ意味で、定額で好きなものを好きなだけ食べることができる。
  • ビュッフェは、フランス語。セルフサービスで好きなものを好きなだけ皿に取り分けることができるが、皿に載せた分の代金は全額払うのが原則。
  • 食べ放題は、定額で好きなものを好きなだけ食べることができるサービス。

いずれのサービスも魅力的ですが、食べきれないほど皿に載せること・食べ残すことはマナー違反です。

場合によっては罰金を科されることもあるので、注意しましょう。