雑学・知識教養

引きこもりとニートの違いって何?

引きこもり ニート 違い

同じような意味合いで使われることが多い「引きこもり」と「ニート」。

実は、両者には明確な定義があって、さまざまな面において異なるものであることをご存じでしょうか。

この記事では、似ているようで違う、しかし共通点も多い「引きこもり」と「ニート」の違いについてまとめました。

引きこもりとは?

「引きこもり」とは、

仕事や学校にゆかず、かつ家族以外の人との交流をほとんどせずに、6ヶ月以上続けて自宅に引きこもっている状態

引用:厚生労働省

のことです。

重要なのは「人との交流」という点で、ちょっとした買い物でコンビニなどに出かけることができても、人との交流が認められなければ「引きこもり」ということになります。

他方、自宅に引きこもっていても、何らかの手段で積極的に社会参加をしている場合には、「引きこもり」にあたりません。

ニートとは?

ニートの語源は「Not in Education、Employment or Training」で、直訳すると「就学・就職・職業訓練のいずれもしていない人」ということになります。

イギリスでできた言葉で、「支援が必要な人たち」という意味で使われ始めたそうです。

そして、日本の厚生労働省では、

15~34歳で、非労働力人口のうち家事も通学もしていない人たち

引用:厚生労働省

を「ニート」と定義しています。

ちなみに、「求職活動をしていて、決まったらすぐにでも働ける人」は、上記定義の非労働力人口にはあたらないので、「ニート」ではないそうです。

つまり、ニートとは「15~34歳で、主婦や学生以外で、家事手伝いもしておらず、働く意欲がまったくない人」のことといえます。

引きこもりとニートの違い

引きこもり

「引きこもり」とは、半年以上自宅に引きこもり、積極的な社会参加をしていない人のことです。

引きこもりでポイントとなるのは、引きこもることではなく、社会参加の有無です。

年齢にかかわらず、行動や人との交流が非常に狭い範囲に限られ、それが長期に及ぶのが「引きこもり」です。

ニート

「ニート」は、15~34歳の若年者で、学生や主婦など以外でまったく働く意思がない人のことです。

そして、ニートでポイントとなるのは、年齢と働く意思の有無です。

行動範囲が広く、人との交流が盛んでも、働く意思がなければニートです。

また、年齢が35~44歳の場合はニートではなく「中年無業者」と呼ばれるそうです。

引きこもりとニートが混同される理由

引きこもりとニートは同じものではありませんが、家族以外とほとんど接触しないニートは引きこもりでもあります。

実際、ニートの約半数が引きこもり状態であるともいわれています。

このような状況から、ニートと引きこもりは混同されることが多いと考えられます。

まとめ

まとめ
  • 引きこもりは、半年以上自宅に引きこもって、積極的な社会参加をしないこと。
  • ニートは、15~34歳の若者のうち、学生や主婦など以外で働く意思がない人のこと。

「引きこもり」も「ニート」も、きっかけはさまざまであり、だれもが引きこもりやニートになる可能性があります。

本人を責めたり、家族が本人の存在を隠したりすることは、状況を悪化させる可能性はあっても、解決には何の役にも立ちません。

家族だけで解決が難しいと感じた場合は、専門家の手を借りるのも一つの方法です。

「できないこと」を探すのではなく、「できること・嫌ではないこと」を見つけて、解決の糸口を探りましょう。