趣味・娯楽

凪のあすから ネタバレあり!あらすじ・最終回の評価・感想まとめ

凪のあすから

2013年10月から2014年4月まで放送された
テレビアニメ「凪(なぎ)のあすから」を最近全部観たので、
その感想を書いてみたいと思います。

ネタバレ要素も含みますので、
記事を読む際は注意してくださいm(_ _)m

アニメ「凪のあすから」のあらすじ

その昔、人間は皆、海に住んでいた。
でも、陸に憧れた人たちは海を捨てた。
海で暮らせるように海神様がくれた、
特別な羽衣を脱ぎ捨てて……。

海で暮らす人、陸で暮らす人、
住む場所が分かれ、考え方は相容れずとも、
元は同じ人間同士、わずかながらも交流は続き時は流れた。

海底にある海村で暮らす
先島光、向井戸まなか、比良平ちさき、伊佐木要と
地上に暮らす木原紡。

海と陸。
中学二年生という同じ年代を過ごしながら
今まで出会うことのなかった彼らが出会った時、
潮の満ち引きのように彼らの心も揺れ動く。

ちょっと不思議な世界で繰り広げられる
少年少女たちの青の御伽話(ファンタジー)

公式サイトより引用

凪のあすからの評価・感想

いきなり海の中で普通に人間が暮らしているシーンから始まるので、
すごいファンタジー色が強いというか、
世界観に圧倒されます(ノω`;)

絵柄が全体的に可愛くて
いわゆる「萌え」要素の強い感じなのかと思ったら、
思春期の少年少女の恋愛物語でした。

海で暮らす人間と陸に住む人間、
お互いが相容れない描写は
実世界の人間でも同じことが言えるなと思い、
裏にあるメッセージ性を感じましたね。

少し思いテーマのようなものも感じますが、
全体的にほっこりとしたテイストで描かれていて、
一言で表すなら、「1人も悪い人が出てこないアニメ」
って感じでしょうか(^^)

アウトレイジという映画で「全員悪人」
というキャッチコピーがありましたが、
それの真逆ですねヾ(´∀`*)

みんなそれぞれ想いはあるんだけど、
それがうまく伝わらない、
そんなもどかしさも覚えます。

凪のあすから最終回のネタバレ

1期の最後、光たちは冬眠し、
2期では冬眠せずに大きくなった紡、ちさきと
成長していない光、要、まなかの物語になります。

小学生だった美海やさゆも大きくなり、
冬眠する前の光たちと同じ年になったことで、
また新たな恋愛模様が展開していく感じですね。

最終回では、ぬくみ雪を抑えるため、
まなかを目覚めさせるため、
再びおふねひきに挑戦する光たち。

なんか最初は日常のほのぼのアニメだと思ってたんですが、
後半に行くにつれ、どんどんスケールがでかくなっていきます( ̄▽ ̄)

また、「人を好きになる」ことについて
とても熱く、いろいろな想いが描かれます。

原作者さんは遠く叶わぬ恋をしていたのかな?

結局、誰かを想う光たちの気持ちが
おじょじさまを想う海神さまの気持ちを変え、
まなかも海村のみんなも目覚めハッピーエンド♪

っていう展開でしたが、
感情移入しすぎてみんなに幸せになってほしかったので、
後味の良いラストだったと思います(*^^*)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。