雑学・知識教養

テレビ番組の地上波・BS・CSの違いって何?

地上波 bs cs 違い

みなさんは、地上波放送、BS放送、CS放送、どれが好きですか?

最近のテレビはチューナーを内蔵しているものがほとんどなので、アンテナや受信料などの条件をクリアすれば、どの放送も楽しめて本当に便利ですよね。

ところで、地上波・BS・CSの違いって何なのでしょうか。

「今さらすぎて他の人に聞けない!」という方のために、その違いをこっそりお教えします。

地上波とは?

地上波放送とは「放送局が発した電波を、テレビ塔や高い山の山頂など地上にある中継点を介して各家庭に配信する放送」のことです。

電波の受信にはアンテナが必要ですが、屋外タイプのアンテナは魚の骨のような形をしているものです。

地上波放送には民放と国営放送があり、民放は無料で視聴できますが、NHKの視聴には受信料が必要とされています。

BSとは?

BSとは、「Broadcasting Satelites:放送衛星」のことです。

BS放送では、放送局からの電波を中継点である人工衛星に送り、各家庭に放送を配信します。

電波の受信に使用するアンテナは、中華鍋型のアンテナとなります。

BS放送も民放は基本的に無料ですが、NHK・WOWOW・スターチャンネルは有料で受信契約が必要です。

CSとは?

CSとは、「Communication Satelites:通信衛星」のことです。

放送を各家庭に届けるシステムはBS放送と同じで、人工衛星が重要な役割を果たします。

CS放送受信にも中華鍋型のアンテナが必要ですが、現在販売されているアンテナのほとんどはBS・CS両方に対応しています。

ちなみに、CS放送で使われている人工衛星はもともと通信目的で使用されていたそうです。

それが、法律の改正によって放送目的で使用することができるようになったということです。

CS放送の視聴には、スカイパーフェクTV(スカパー!)との契約が必要です。

地上波・BS・CSの違い

地上波は、地上にあるテレビ塔や山の山頂にある中継点を介して電波を配信します。

一方で、BS・CSはいずれも人工衛星を中継点として電波を配信します。

そして、地上波とBSは無料放送があるので契約をしなくてもある程度楽しめますが、CSは有料放送が基本なのでスカパー!と契約しなければ視聴することができません。

まとめ

まとめ
  • 地上波は、地上にある高い建物や山の上に中継点を設置して電波を配信する放送。NHK以外の民放は、無料で楽しめる。
  • BS放送は、放送衛星を中継点として電波を配信する放送。契約しなくても一部の番組は楽しめるが、NHK・WOWOW・スターチャンネルを見るためには受信契約が必要。
  • CS放送は、通信衛星を中継点として電波を配信する放送。スカパー!と契約しなければ視聴することができない。

どの放送も魅力的な番組が盛りだくさんなので、録画をためすぎないように気をつけましょう。